ロシア鉄道回廊の可能性 -日本発欧州向けの新ルートへ-
 印刷 2021年11月19日デイリー版2面

内航船、建造見込み 今年度115隻。コロナ禍前の水準に回復へ

 日本内航海運組合総連合会が内航船建造実績がある造船所などを対象に行った建造動向調査(9月から10月にかけて実施)によると、2021年度の建造見込み(起工ベース)は115隻・26万2000積載トン(貨物船は重量トン、油送船は立方メートルなど)となった。前年同時期調査の20年度見通しに比べ46隻、11万5000トン増加。コロナ禍などによる荷動きの減少、景気不透明感により建造需要が落ち込んだ20年度か… 続きはログインしてください。

残り:904文字/全文:1098文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む