ロシア鉄道回廊の可能性 -日本発欧州向けの新ルートへ-
 印刷 2021年11月17日デイリー版3面

マースク 新北米航路サービス開始。横浜港に第1船

 横浜川崎国際港湾会社(YKIP)は16日、マースクの新規北米航路「TP7」の第1船「MAERSK BOSTON」(4500TEU型、写真)が15日、南本牧埠頭に入港したと発表した。TP7は、マースクが既存のTPアラスカサービスとして運航していたものを2ループに分割し、新アラスカサービスとTP7に再編したもの。北米シアトルとアジアを結ぶウイークリーサービスとして運航されている。TP7の… 続きはログインしてください。

残り:120文字/全文:234文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む