ロシア鉄道回廊の可能性 -日本発欧州向けの新ルートへ-
 印刷 2021年11月17日デイリー版3面

上位10空港、21年上期貨物取扱量18.6%増。PPE・ECけん引

 国際空港評議会(ACI)が集計した2021年上期(1―6月)の上位10空港の貨物取扱量の合計は、前年同期比18・6%増だった。コロナ禍前の19年同期比では16・2%増。20年以降は個人用保護具(PPE)や新型コロナワクチン、オンライン小売商品が伸びており、貨物量をけん引した。ただ世界的な旅客便の運休・減便に伴うベリースペース(旅客機の貨物室)の輸送能力の制限により、22年はコロナ禍前から供給量が… 続きはログインしてください。

残り:505文字/全文:697文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む