ロシア鉄道回廊の可能性 -日本発欧州向けの新ルートへ-
 印刷 2021年11月17日デイリー版4面

NAA、千葉港頭石油ターミナル。新桟橋が供用開始

 成田国際空港会社(NAA)は12日、航空燃料の輸送拠点である千葉港頭石油ターミナル(千葉市美浜区)で建設を進めていた6000重量トン級のタンカーが着桟可能な桟橋が完成し、同日から供用を開始した。新桟橋(1号桟橋)は成田空港の機能強化による将来の給油量増加への対応や大規模地震などの災害時の継続操業を目的とする。東日本大震災の発生を受け、災害に対して強靭(きょうじん)な施設を整備するため、構想… 続きはログインしてください。

残り:417文字/全文:606文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む