印刷 2021年11月12日デイリー版4面

記者の視点/鈴木隆史】キプロスの日本進出・洋上風発進展。船主の船籍選択に影響も

 「歴史ある海運国として、日本とキプロスは共通の価値観を有している」 10月末にホテル雅叙園東京(目黒区)で開かれた駐日キプロス大使館と海運専門紙記者との懇親会。オンラインでキプロス本国から参加したバシリオス・ディミトリアデス海運政務官はこう日本船主らへメッセージを送り、近く日本に出先機関を開設する意向を示した。パナマ、リベリア、マーシャル諸島、バハマなど主要旗国(船籍国)はそれぞれ日本… 続きはログインしてください。

残り:1163文字/全文:1354文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む