ロシア鉄道回廊の可能性 -日本発欧州向けの新ルートへ-
 印刷 2021年11月09日デイリー版4面

語録採録】商船三井取締役常務執行役員・日野岳穣さん、史上最高の荷動き継続

 「米国向けのコンテナ荷動きが非常に強い。史上最高の荷動きが1年以上にわたって続いている。当社の予想の範囲を超えている」 2021年4―9月期決算会見で、通期業績予想を上方修正した理由をこう説明した。コンテナ船の全般的な運賃市況は、「7―9月は少しずつ切り上がっていき、9―10月は横ばいで推移した。旧正月に向けてカーゴラッシュが例年ある。それまでは需給がタイトな状況が続き、2月上中旬から… 続きはログインしてください。

残り:110文字/全文:216文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む