印刷 2021年11月08日デイリー版3面

関東地整、シャーシシェア実証実験、6割超で輸送時間短縮

 関東地方整備局は5日、10月22日に開催した第4回「横浜港シェアリングエコノミー研究会」の議事概要を公表し、シャーシシェアリング実証実験の結果を明らかにした。運転日報データを基にした、シェアリング利用時と各社が通常使用するシャーシプールを使用した場合の走行距離の比較では、6割以上で削減効果があったほか、走行時間についても4割で削減効果が見られた。今後実証実験結果を踏まえ、シャーシシェアリングの社… 続きはログインしてください。

残り:607文字/全文:807文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む