印刷 2021年11月08日デイリー版2面

三井E&S船舶事業、営業損失10億円。4―9月期、赤字幅が縮小

 三井E&Sホールディングス(HD)が5日発表した2021年4―9月期連結決算は、船舶事業の営業損失が10億円だった。不採算工事の減少などで、赤字幅が前年同期の16億円から大幅に縮小した。造船事業では、千葉工場(千葉県市原市)と玉野艦船工場(岡山県玉野市)で手掛けていた商船建造が終了。玉野艦船工場の艦艇・官公庁船事業については三菱重工業に譲渡する作業が終わり、三菱重工マリタイムシステムズとし… 続きはログインしてください。

残り:406文字/全文:597文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む