ロシア鉄道回廊の可能性 -日本発欧州向けの新ルートへ-
 印刷 2021年11月05日デイリー版4面

記者の視点/山田智史】2050年GHGネットゼロへ、海事産業発展の起爆剤に

 日本船主協会は10月26日に、日本の海運業界として、2050年GHG(温室効果ガス)ネットゼロに挑戦すると表明した。日本商船隊の規模はおよそ2200隻。50年GHGネットゼロを達成するには、25年以降、毎年約100隻のリプレースが必要。投資規模は年約1兆円に上るという。技術的にも経済的にも野心的な目標だが、GHGネットゼロへの挑戦を通じて環境問題に積極的に貢献するとともに、ゼロエミッ… 続きはログインしてください。

残り:1094文字/全文:1286文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む