ロシア鉄道回廊の可能性 -日本発欧州向けの新ルートへ-
 印刷 2021年11月05日デイリー版4面

4―9月期】日本航空、貨物郵便84%増収。需給逼迫で単価上昇

 ◇日本航空 貨物郵便事業の売上高は前年同期比84%増の983億円。旅客便の大幅な減便に伴い供給量が限られる中、北米向けの自動車関連や電子部品関連の貨物需要が好調となり、需給が逼迫(ひっぱく)したことで収入単価が上昇した。貨物郵便重量は国際貨物が91%増の24万8028トン、国内貨物が6%減の11万1541トン、国際郵便が29%増の1万3652トン、国内郵便が16%増の1万3230トン。… 続きはログインしてください。

残り:221文字/全文:414文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む