印刷 2021年11月01日デイリー版3面

山九、通期予想を上方修正。上期上振れ、国際貨物が伸長。3期ぶり増収増益

 山九は10月29日、2022年3月期通期業績予想を上方修正したと発表した。物流事業での国際貨物の取り扱い増加などで上期(4―9月)業績が上振れし、3期ぶりの増収増益になったことを受けた。下期の売上高は物流事業を中心に期初予想を上回る見通し。ただし、同期の利益水準は新型コロナウイルスの感染拡大などのリスクを織り込み、当初計画を維持する。山九の上期業績と通期予想は表の通り。同日、小川隆代表取締… 続きはログインしてください。

残り:701文字/全文:896文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む