印刷 2021年10月26日デイリー版2面

海員組合、パナマ籍旅客船の国内運航。「特例なし」交政審に要望

 全日本海員組合は22日夕、同日開かれた交通政策審議会(国土交通相の諮問機関)の海事分科会船員部会で、JR九州高速船(本社・福岡市)が運航するパナマ籍の高速旅客船「クイーンビートル」について、日本籍船へ転籍してもらうか、そうでなければ11月以降に国内遊覧運航の特例措置(沿岸輸送特許)を認めないよう要望したと明らかにした。同船は、新型コロナウイルス感染防止対策に伴う政府の旅客運送停止要請を受け… 続きはログインしてください。

残り:462文字/全文:653文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む