ロシア鉄道回廊の可能性 -日本発欧州向けの新ルートへ-
 印刷 2021年10月25日デイリー版3面

日本発北米貨物、TS比率の上昇続く。04年以降最大の34%に

 デカルト・データマインがまとめた米国貿易統計データ分析速報によれば、北米東航9月の日本受け貨物に占めるアジアでのトランシップ(TS、積み替え)は、前年同月比23%増の1万5752TEUとなった。日本受け荷受地ベースに占める割合は34・4%となり、前月に比べて3・8ポイントも上昇。コロナ禍前までTS比率は20%台で推移してきたが、コロナ禍以降は一気に30%台まで上昇した。日本受け荷受地ベース… 続きはログインしてください。

残り:293文字/全文:488文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む