ロシア鉄道回廊の可能性 -日本発欧州向けの新ルートへ-
 印刷 2021年10月25日デイリー版2面

資産価値比較、航空機9%安・ケープ46%高、コロナ下で明暗。VVが公表

 英国の船価鑑定大手ベッセルズ・バリュー(VV)は22日、航空機と船舶の資産価値比較データを公表した。機齢5年の大型航空機「ボーイング777」の現在の資産価値は5930万ドルと昨年1月に比べて9%低下し、コロナ下での旅客需要減を反映。一方、市況高騰が続くケープサイズバルカー(船齢5年)は4949万ドルと同46%上昇しており、明暗が分かれている。中距離用ナローボディー(単通路)航空機「エアバス… 続きはログインしてください。

残り:501文字/全文:692文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む