印刷 2021年10月22日デイリー版1面

ソルバング、船上CO2回収実証。70%排出削減へ、丸紅も協力

 ノルウェー船社ソルバングは18日、欧州の舶用機器大手バルチラと共同で、実船で船上CO2(二酸化炭素)回収・貯留(CCS)システムのフルスケールの実証試験を行うと発表した。パイロットシステムではCO2排出量70%削減を目指す。丸紅は本船の用船者の立場で協力する。CCSシステムの実証試験は、ソルバングが運航する2万1000立方メートル型エチレン船「Clipper Eos」(2019年竣工)で行… 続きはログインしてください。

残り:462文字/全文:653文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む