ロシア鉄道回廊の可能性 -日本発欧州向けの新ルートへ-
 印刷 2021年10月22日デイリー版1面

LNG焚きケープ、日中の船価差縮小。日本9000万ドル・中国8500万ドル、船型も焦点に

 日本造船所と中国造船所のLNG(液化天然ガス)燃料焚(だ)きケープサイズバルカーの船価差が縮小している。邦船関係者によると、日本は9000万ドル強、中国は8500万―9000万ドル弱と、値差が約500万ドルに接近。鋼材価格や人件費の上昇を主因に「中国造船が適正価格を提示するようになってきた」(国内造船関係者)。一方、主力船型は日本が幅広浅喫水の21万重量トン級、中国が18万重量トン級ダンケルクマ… 続きはログインしてください。

残り:777文字/全文:971文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む