ロシア鉄道回廊の可能性 -日本発欧州向けの新ルートへ-
 印刷 2021年10月21日デイリー版1面

日本郵船、新係留システム協業。北欧企業と。電子制御で安全性向上

 日本郵船は20日、スウェーデンの海洋港湾資材メーカー、トレルボルグ・マリンシステムズと同社開発の港湾向け船舶係留システム「ダイナムーア」の日本国内での普及に向けたコンサルティング契約を締結したと発表した。係留索の張力を電子制御式の油圧ダンパーで調節し、船舶の動揺を抑制することで荷役の安全性を向上させる。船舶の大型化を背景に、港の安全性や稼働率のさらなる向上が望まれる中、ドライバルク船の利用港を中… 続きはログインしてください。

残り:488文字/全文:688文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む