ロシア鉄道回廊の可能性 -日本発欧州向けの新ルートへ-
 印刷 2021年10月21日デイリー版1面

ダイハツディーゼル、DF機関4機種開発。累計100台受注、姫路の生産能力3割増

 舶用機関製造などを手掛けるダイハツディーゼルは、LNG(液化天然ガス)を燃料とするデュアルフューエル(DF、二元燃料)機関4機種の開発を完了し、ラインアップ化した。20日発表した。LNG燃料化が進展しているメガコンテナ船、自動車船向けを中心に、既に4機種合計で約100台を受注。さらに今後の需要拡大に対応するため、姫路工場(兵庫県)で2022年夏ごろまでに運転設備を増設し、LNG燃料機関の生産能力… 続きはログインしてください。

残り:913文字/全文:1107文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む