印刷 2021年10月21日デイリー版4面

プロロジス、茨城・古河にマルチ型。23年春竣工、最大6企業入居

 物流不動産開発大手のプロロジスはこのほど、茨城県古河市でマルチテナント型(複数企業向け)物流施設「プロロジスパーク古河4」(延べ床面積12万1100平方メートル)の開発を決定した。施設全体で最大6企業の入居に対応。着工は来年1月、竣工は2023年3月末を予定している。同施設は、圏央道「五霞」「境古河」両インターチェンジ(IC)から約10分とアクセスに優れた北利根工業団地内に開発される。同工… 続きはログインしてください。

残り:812文字/全文:1003文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む