ロシア鉄道回廊の可能性 -日本発欧州向けの新ルートへ-
 印刷 2021年10月19日デイリー版3面

コンテナ運賃、北米東岸向け、2カ月ぶり1万1000ドル割り込む

 中国・上海発北米東岸向けコンテナ運賃(スポット)は、15日付が40フィートコンテナ当たり1万700ドルとなり、約2カ月ぶりに1万1000ドルを割り込んだ。北米東岸向けは10月から3週間連続の値下がり。またこの間に1200ドル以上も値下がりしたことになる。東岸向けほどではないが、北米西岸向けも6219ドルと6月上旬以来の値下がりとなった。スポット運賃の動向は上海航運交易所(SSE)がまとめた… 続きはログインしてください。

残り:372文字/全文:565文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む