ロシア鉄道回廊の可能性 -日本発欧州向けの新ルートへ-
 印刷 2021年10月18日デイリー版2面

国内船主の今】(285)海外オペ 高値発注の勝算。市況高騰で際立つ明暗

 「新造船マーケットの潮目が再び変わりつつある」 14日午後、東京・大手町の喫茶店。海運ブローカーが背もたれに体を沈めながら指摘した。■続くミスマッチ 国内造船所は急反発した新造船価が用船料と一時的にマッチしていた2―3月、主要各社がそろって一定量の手持ち工事を確保。以降、受注戦略の違いから動きが二分していた。一つは、船価に天井感が出始めたとの判断から、その後も受注を積み上げて… 続きはログインしてください。

残り:2014文字/全文:2204文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む