印刷 2021年10月15日デイリー版2面

東京海洋大、練習船「汐路丸」竣工式。最新の研究設備 搭載

 東京海洋大学は14日、越中島キャンパス(東京都江東区)で練習船「汐路丸」の竣工式を開いた。先代「汐路丸」と「青鷹丸」の老朽化が進んでいるため、両船の機能を一層強化し、最新の研究設備を備えた代替船の建造を決めた。新汐路丸は20日から、動くキャンパス・研究室として実習航海へ出航する。竣工式で、東京海洋大の井関俊夫学長は練習船「汐路丸」について「従来実施してきた船舶職員養成を継承し、高度化・自動… 続きはログインしてください。

残り:333文字/全文:528文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む