印刷 2021年10月15日デイリー版3面

DGF、トタルとドバイで太陽光発電。CO2排出量 15万トン削減

 DHLグローバルフォワーディング(DGF)は13日、仏トタルエナジーズと太陽光発電プロジェクトを始めると発表した。トタルがドバイ(アラブ首長国連邦〈UAE〉)にあるドイツポストDHLグループの8拠点に太陽光発電パネルを設置し、年間1万4000メガワット以上を発電する。両社はプロジェクト期間中、CO2(二酸化炭素)排出量を15万トン以上削減する計画。設置する太陽光発電パネルは4万6000平方… 続きはログインしてください。

残り:426文字/全文:617文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む