印刷 2021年10月15日デイリー版1面

飯野海運、アンモニア船に再参入。三井物産向け、世界初 燃料認証

 飯野海運は14日、三井物産と2万3000立方メートル型アンモニア船の定期用船契約を結んだと発表した。同契約に投入する新造船は、米国船級協会ABSによるアンモニア燃料船化の基礎認証を受けて設計・建造される世界初のアンモニア船になる。飯野海運はゼロエミッションのアンモニア燃料が実用化された際に、速やかに燃料転換できる準備を進め、環境負荷の低い輸送サービスの提供を目指す。飯野海運は三井物産向けの… 続きはログインしてください。

残り:720文字/全文:917文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む