印刷 2021年10月15日デイリー版4面

SBSHD、宅配事業 EV全面導入。協力会社含め1万台

 SBSホールディングス(HD)は13日、スタートアップ企業のフォロフライ(本社・京都市、小間裕康社長)が輸入・販売するEV(電気自動車)トラックを宅配用に導入すると発表した。グループでEC(電子商取引)荷物を運ぶ宅配車両約2000台を今後1年間でEVトラックに置き換える。中期的には協力会社の車両を含め、EVトラックの台数を1万台程度に引き上げる計画。これまで国内メーカーにはなかった積載量が… 続きはログインしてください。

残り:412文字/全文:601文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む