印刷 2021年10月15日デイリー版4面

ギークプラス、ロボ利用 従量課金。初期費用ゼロ、来年4月から

 物流ロボットの製造・販売を手掛ける中国ギークプラスの日本法人は来年4月から、初期費用ゼロで作業数量に応じてロボット利用料の支払いを受けるサブスクリプションサービス「ロボット従量課金サービス」を始める。ロボット、システムなどのハードウエア、ソフトウエア共にギークプラスが提供する。物量の波動や取扱商品の変更などに合わせて、定期的に作業数量を変更可能。倉庫や受託業務の契約年数に合わせて投資でき、… 続きはログインしてください。

残り:298文字/全文:495文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む