印刷 2021年10月14日デイリー版2面

IMO、衛星測位システムを承認。「みちびき」、船舶で国際利用

 IMO(国際海事機関)は4日から8日まで開いた第104回海上安全委員会(MSC104)で、日本独自の衛星測位システム「みちびき」を船舶が国際的に利用できる衛星航法システムとして承認した。外洋だけでなく、船舶が輻輳(ふくそう)する沿岸の航行時などを支援する運用基準に適合する世界初のシステムとなった。国土交通省が13日、MSC104の結果概要を発表した。MSC104で「みちびき」の性能は… 続きはログインしてください。

残り:440文字/全文:628文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む