印刷 2021年10月14日デイリー版1面

日本向け鉄原輸送、カムサ2隻で分割配船。ケープ1隻分、市況差2倍超

 日本向け鉄鋼原料輸送で本来ならケープサイズ1隻で運ぶ貨物をカムサマックス2隻で分割配船する動きが発生している。ケープサイズとカムサマックスのスポット用船市況の値が2倍以上に開き、用船者にとって、カムサマックスを起用する方が割安感があることが主因。英ロンドン市場で18万重量トン級ケープサイズバルカーのここ1週間の主要航路平均値は日建て8万1129ドル。一方、8万2000重量トン級カムサマック… 続きはログインしてください。

残り:329文字/全文:526文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む