印刷 2021年10月14日デイリー版3面

マリネックス、東京九州FとSSF連携。関東―中国 輸出で小口混載開始

 【関西】SHKライングループの物流事業会社マリネックス(大阪市、能登昇志社長)は10月から、同グループ船社で7月から横須賀―北九州・新門司間で運航を開始した東京九州フェリーと、下関―中国・太倉を結ぶ蘇州下関フェリー(SSF)を組み合わせた、小口輸出混載サービス「3E―Express」の取り扱いを開始した。横浜の指定倉庫から中国・太倉港までの基本輸送行程は5日間で、日中間の物流の不安定感が続く中、… 続きはログインしてください。

残り:663文字/全文:859文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む