印刷 2021年10月14日デイリー版6面

福山通運、トラックの危険性を体験。岡山県小学校で交通安全教室

 福山通運は7日、小丸交通財団(小丸成洋理事長)と共に、岡山県倉敷市立第五福田小学校で1、2年生の児童83人を対象にトラックに関する交通安全教室を開いた。同小はトラック交通量の多い幹線道路に面している。安全教室では、実際にトラックを使用し、運転席の死角となる場所について説明などをした。トラックの特性や危険性を体験してもらったほか、交差点や横断歩道での交通事故防止について指導した。小丸交… 続きはログインしてください。

残り:141文字/全文:277文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む