印刷 2021年10月14日デイリー版4面

貿易手続きとインフラ構造改革】(81)国際ロジスティクスアドバイザー・平田義章「インフラ構造改革」(35)、保税搬入原則を検証(その4)

 わが国ではこれまで、税関手続きの基本的なルールとされる保税搬入原則、すなわち税関手続きを開始するためにはまず、税関が管理する保税地域に貨物を置かなければならないとする条件について、主要諸外国の実態を確認した(連載第79―80回参照)。結果、自国の輸出入貨物のリードタイムを延ばすことになる保税搬入原則を強制している例は先進諸国では見当たらない。本件について、わが国の経済界を代表する日本経済団… 続きはログインしてください。

残り:660文字/全文:855文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む