印刷 2021年10月13日デイリー版2面

鉄連まとめ。1―6月輸送実績、国内輸送量17%増。自動車向け回復で伸長

 日本鉄鋼連盟(鉄連)がまとめた鉄鋼の国内輸送機関別発送実績によると、2021年1―6月(上半期)の内航船やトラック、鉄道を使った国内輸送量は工場出荷段階の1次輸送ベースで2763万9800トンと、前年同期比17・4%増加した。新型コロナウイルスの影響で高炉の一時休止による減産で輸送量が大幅に落ち込んだ前年の反動が出た。自動車向けの需要回復などが寄与。下半期に入っても、内航鋼材輸送の堅調さは続いて… 続きはログインしてください。

残り:580文字/全文:776文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む