印刷 2021年10月13日デイリー版2面

現代尾浦、LNG焚きRORO船。韓国造船で初の建造

 韓国・現代重工業グループの現代尾浦造船は、LNG(液化天然ガス)焚(だ)きのRORO船を韓国造船で初めて建造した。同船は、ルクセンブルクのCldNグループ向け「FAUSTINE」で、LNGを対象とする2元燃料エンジンを搭載する。これにより、SOX(硫黄酸化物)の排出がほとんどなく、欧州や北米などの「ECA(排出規制海域)」でも運航できる。現代尾浦は8日、「FAUSTINE」を引き渡したと発… 続きはログインしてください。

残り:141文字/全文:278文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む