印刷 2021年10月12日デイリー版2面

明治海運、ハンディ2隻売船。純利益10億円押し上げ

 明治海運は8日、連結子会社が保有するハンディマックスバルカー2隻を計45億4000万円で売却すると発表した。2022年3月期に約23億円の売却益を特別利益として計上する予定で、親会社株主に帰属する当期純利益には約10億円の影響を見込む。売却するバルカー2隻は、オランダのMKセンテニアル・マリタイムが保有している。売却理由は船隊の近代化と船隊整備計画の一環としている。譲渡先は非公表。11―1… 続きはログインしてください。

残り:155文字/全文:307文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む