印刷 2021年10月11日デイリー版3面

豪州航路、日本発運賃 高騰続く。港湾ストでSC混乱

 クリスマス商戦に向け荷動きがピーク期にある日本―豪州航路では、海上コンテナ運賃の高騰が続いている。同航路ではピークが始まる8月からスペースが逼迫(ひっぱく)し、運賃は毎月上昇。現在は例年の3倍以上に高騰しているという。豪州港湾では現在、豪州海事組合(MUA)によるストライキや新型コロナウイルス感染者の発生でオぺレーションに影響が出ており、今後、日豪間のサプライチェーン(SC)へのさらなる影響が懸… 続きはログインしてください。

残り:637文字/全文:831文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む