印刷 2021年10月11日デイリー版2面

名門大洋フェリー、「ふくおか」命名・進水。三菱下関で。来春就航

 名門大洋フェリーは8日、1万5400総トン型新造船「フェリーふくおか」の命名・進水式を三菱重工業下関造船所(山口県下関市)で行ったと発表した。同船は大阪南港―新門司(北九州市)航路に今年から来年にかけて代替投入される新造船2隻のうちの2隻目。2022年3月下旬就航を予定する。被代替船に比べて船型を1・5倍超に大型化し、トラック積載台数を大幅に増やすことでモーダルシフト需要の取り込みを図る。… 続きはログインしてください。

残り:532文字/全文:725文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む