印刷 2021年10月11日デイリー版2面

八戸沖座礁事故】美須賀海運、船尾部撤去を依頼。日本サルヴェージに

 八戸市(青森県)沖で8月中旬に発生したチップ船「Crimson Polaris」の座礁・燃料油流出事故で、船舶管理会社の美須賀海運は8日、現場海域に残る船尾部の撤去を、船体の燃料油抜き取り作業などに従事してきた日本サルヴェージに依頼すると発表した。同日現地で開いた説明会で、船骸などの撤去計画について報告した。船尾部の燃料油抜き取り作業は9月25日に完了。同社によると、今回の事故で流出した… 続きはログインしてください。

残り:115文字/全文:229文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む