印刷 2021年10月07日デイリー版1面

インタビュー コロナ下の拡大戦略】TSラインズ社長・涂鴻麟氏。北米航路再参入、IPO検討

 台湾船社TSラインズは今年、創業20周年を迎えた。日本―台湾航路を足掛かりに事業を開始し、中国、東南アジア、中東と順調にネットワークを拡充。今ではコンテナ船運航規模で世界20位に食い込むまで成長した。今年は北米航路に再参入するなど、コロナ禍でも拡大戦略を緩めない。香港でのIPO(新規上場)も検討しており、資金調達によりさらなる投資・成長を目指す考えだ。涂鴻麟社長に書面インタビューを行い、今後の市… 続きはログインしてください。

残り:1602文字/全文:1800文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む