印刷 2021年10月06日デイリー版2面

豊田通商、英国港湾 脱炭素化へ。水素活用、イミンガム港で

 豊田通商は5日、英国のイミンガム港で水素を活用した脱炭素化プロジェクトを開始したと発表した。重油などを動力源とする港湾荷役機材の水素燃料電池化に向けて、水素の製造、輸送、貯蔵に関する技術的・経済的な実現可能性を検証する。同プロジェクトは豊田通商の英国法人、欧州の電力・ガス大手の独ユニパー、エネルギー大手の独シーメンス・エナジー、港湾管理会社の英アソシエーテッド・ブリティッシュ・ポーツ(AB… 続きはログインしてください。

残り:238文字/全文:434文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む