印刷 2021年10月06日デイリー版2面

船管10社、船員ワクチン接種率31%。GMF調査。前月比9.2ポイント改善

 世界の海上貿易の発展に取り組む国際的なNPO「グローバルマリタイムフォーラム」(GMF、本部・デンマーク)はこのほど、主要な欧州やアジアの船舶管理会社10社が配乗する船員のうち、新型コロナウイルスのワクチン接種を終えた船員は全体の31・1%で前月から9・2ポイント上昇したと発表した。この結果についてGMFは「船員のワクチンへのアクセス上昇を示唆するもの」と評価。一方で、「大規模な船主国、欧米諸国… 続きはログインしてください。

残り:600文字/全文:798文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む