印刷 2021年10月06日デイリー版2面

海保庁、USCGと合同訓練。連携強化図る

 海上保安庁と米国沿岸警備隊(USCG)は3日、神奈川県横須賀市の横須賀港内で合同訓練を実施した。双方のゴムボートがターンやスローラムなど操船技術を披露したほか、不審船を捕捉する応用訓練も行った。政府は東・南シナ海で軍事的影響力を強める中国を念頭に「自由で開かれたインド太平洋」構想を推進しており、両機関の連携強化を図る狙いがある。今回で5回目を迎えた合同訓練には、海保庁とUSCGのゴムボート… 続きはログインしてください。

残り:286文字/全文:481文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む