印刷 2021年10月06日デイリー版4面

記者の視点/佐々木マヤ】国際航空貨物輸送のスペース不足常態化、荷主は最適な手段の見極めを

 東京などで緊急事態宣言が全面解除となり、1日から飲食店などで酒類の提供が認められるようになった。旅行の国内需要にも復調の兆しが出始めており、新型コロナウイルス禍での利用者減に苦しんだ航空会社では、国内線の旅客回復に期待がかかる。◆ 一方、国際線旅客の本格的な回復は遠い。IATA(国際航空運送協会)によると、世界の旅客需要は7月に国内需要がコロナ禍前の85%水準まで戻ったが、国際需要は4… 続きはログインしてください。

残り:975文字/全文:1168文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む