最新版_2022年の海上コンテナ輸送(満員御礼)
 印刷 2021年10月05日デイリー版1面

コンテナ運賃、中国発 一転急落。電力不足、出荷遅延。北米西岸は半減

 高止まりしていた中国発コンテナ運賃が、先週末から急落した模様だ。北米西岸向けのスポット運賃はこれまで40フィートコンテナ当たり1万5000ドル前後で推移してきたが、先週末に8000―9000ドルまで急落した。電力不足の影響で出荷予定の船積み貨物が集まらず、スペースを埋められないフォワーダーが投げ売りしたのが理由。中国の電力不足の影響は長引く可能性があり、運賃市況の不安定化が懸念される。急落… 続きはログインしてください。

残り:621文字/全文:818文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む