印刷 2021年10月04日デイリー版3面

国際航空貨物、中国発運賃が高騰。上海→北米12ドル突破、日本発にも波及か

 中国発の国際航空運賃が高騰している。国慶節前の駆け込み需要やピークシーズンなどで航空貨物の需要が増加。8月下旬から上海浦東空港での新型コロナウイルスの防疫対策が大幅に強化された影響でキャパシティーが低下し、需給が引き締まっているのが原因だ。中国発運賃の上昇は、日本発運賃にも波及する可能性がある。フォワーダーは運賃上昇分を転嫁するため、荷主への情報提供を積極化している。航空貨物運賃指数を提供… 続きはログインしてください。

残り:783文字/全文:980文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む