印刷 2021年10月04日デイリー版4面

IATA、8月貨物需要7.7%増。容量回復が鈍化

 IATA(国際航空運送協会)が公表した8月の航空貨物輸送実績によると、貨物トンキロ(CTK)は国際・国内市場合計で新型コロナウイルス禍前の2019年8月比7・7%増と8カ月連続で増加した。航空貨物のピークシーズンを背景に需要が好調に推移したが、貨物容量の回復は鈍化。IATAは今後さらなるキャパシティーの制約が生じる可能性があると指摘する。8月の国際航空貨物需要を地域別で見ると、北米は旺盛な… 続きはログインしてください。

残り:385文字/全文:578文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む