印刷 2021年09月28日デイリー版4面

記者の視点/浦野綾】Kアライアンス発足、地方港への影響分析を

 韓国最大のコンテナ船社、韓進海運が経営破綻したという衝撃的な一報から5年たった今年9月、韓国ではコンテナ船5社が加盟する東南アジア航路での韓国型海運同盟「Kアライアンス」が正式に発足した。◇ 世界第7位のコンテナ船社が倒産し、韓国海運業界に暗い影を落とした「韓進ショック」以降、韓国では当時の反省を基に政府・業界が一丸となって海運再建を推し進めてきた。ソウル中央地方裁判所が韓進海運の… 続きはログインしてください。

残り:1036文字/全文:1229文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む