印刷 2021年09月27日デイリー版2面

国内船主の今】(282)アセット型融資は可能か。地銀モデルが直面する限界

 9月中旬の昼下がり。東京都内の商社オフィスで、船舶部門担当者がアクリル板の向こうでこうつぶやいた。「海運マーケットが大きく変化しているにもかかわらず、国内船主の投資戦略の幅は依然として非常に狭い。地銀が伝統的なファイナンスから新しい一歩を踏み出せないことが一因ではないか」 ■用船保証の足かせ いま、国内船主の多くは高騰する中古船市場で保有船を売却し、潤沢なキャッシュを確保している。… 続きはログインしてください。

残り:2041文字/全文:2234文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む