印刷 2021年09月24日デイリー版2面

市況2021】ケープ 主要航路平均5.6万ドル。11年ぶり。中国北部荒天で滞船

 鉄鋼原料を輸送する18万重量トン級ケープサイズバルカー市況が続伸している。足元の主要航路平均値は約11年ぶりに5万6000ドル台の高値を付けた。邦船社の担当者は、「ファンダメンタルズ(基礎的条件)が良好な中、揚げ地の中国沖では北部を中心とする天候不順で船の動きが散漫になり、滞船が発生し、船腹需給がタイト化している」と指摘する。21日付の英ロンドン市場で主要5航路平均値は前日比2474ドル高… 続きはログインしてください。

残り:438文字/全文:633文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む