印刷 2021年09月24日デイリー版3面

COSCO、独ハンブルクCTに35%出資。欧州トランシップのハブに

 中国海運最大手COSCOグループの港湾運営部門COSCOシッピングポーツ(CSPL)は、独ハンブルク港のコンテナターミナル(CT)「CTT」に35%出資する。CTTの親会社で、独最大のCT運営業者HHLAが21日発表した。COSCOはCTTへの出資により、CTTを欧州でのトランシップ(TS、積み替え)の優先ハブとして位置付ける。HHLAは今回のCSPLからの出資受け入れについて、最大の貿易… 続きはログインしてください。

残り:366文字/全文:557文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む