印刷 2021年09月24日デイリー版1面

EU排出量取引、コスト負担で綱引き。欧州船協「コマーシャルオペに」

 米キャピタルリンクが先週開催したオンラインフォーラムで、欧州船主協会のフィリッポス・フィリス副会長はEU(欧州連合)が2023年に導入を目指す海運の排出量取引制度(ETS)の排出コスト負担について「最適航路や速力を選択できるコマーシャルオペレーター(運航会社)が責任を負うべきなのは明確だ」と主張した。欧州委員会(EC)の制度案は、基本的に船主を責任主体としつつ、契約を通じてオペレーターにも負担さ… 続きはログインしてください。

残り:1768文字/全文:1960文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む